2010年04月19日

防衛省、中国艦艇通過で警戒・監視を継続(産経新聞)

 中国海軍の潜水艦2隻や駆逐艦2隻など計10隻の艦艇が10日、沖縄本島の西南西約140キロの公海を東シナ海から太平洋に向け通過したことが分かった。防衛省統合幕僚監部が13日、公表した。海軍の外洋展開訓練の一環とみられ、防衛省で警戒・監視を続けているが、これほど大規模な活動は異例だという。

 10隻のうちソブレメンヌイ級ミサイル駆逐艦など5隻は7日から9日まで東シナ海の中部海域で艦載ヘリの飛行訓練などを実施した。8日にはヘリが監視中の海上自衛隊護衛艦から約90メートルまで接近。政府は「安全航行に支障をきたす」として中国政府に事実関係の確認を申し入れた。

 その後、10隻は10日夜、沖縄本島と宮古島の間を南下。キロ級潜水艦2隻は浮上したまま航行した。11日には沖縄南方の太平洋で補給艦による洋上補給などを行っている。中国海軍は近代化により、遠洋での作戦遂行能力を向上させ、3月にも駆逐艦など6隻が同じ海域を航行した。

【関連記事】
中国潜水艦など10隻 沖縄本島沖の公海を通過
中国式「資源」獲得術 真珠の首飾り戦略 採算度外視し「四面来油」
中国の台湾攻略作戦 米国防次官補代理が証言
米原子力空母が香港寄港へ 中国が許可
中国の南シナ海進出に懸念 米議会公聴会
外国人地方参政権問題に一石

シャッター修理業の兄弟、技術悪用して事務所荒らし 大阪府警が最終送検(産経新聞)
受信契約拒否のホテル経営会社、NHKが提訴(読売新聞)
駐車場「優先席」362カ所 高齢者、妊婦ら対象(産経新聞)
タイで銃撃の村本さんの遺体、家族のもとに(読売新聞)
元最高裁判事の理事長、借用1500万を返済(読売新聞)
posted by オオサカ コウイチ at 18:56| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。